仕事をやりながらでも音楽はできる!ネット社会における音楽との付き合い方

音楽で食っていくってのは楽なことではありません。てゆうかめちゃめちゃ大変です。でも、もし他に仕事をやり続けながらでも音楽をやっていきたいと思っているのなら、決して音楽をやめる必要はないと思うんです。
仕事をしながら音楽を続ける方法って実は色々あると思うので、今回は音楽との付き合い方について個人的な意見を書かせていただきます。

 

「音楽をやる=活動しなければいけない」のか?
音楽をやると聞くと、やはり一番多いパターンがバンドを組んでライブハウスに出ることです。バンドじゃなく弾き語りやデュオのこともあります。
そういう活動をしたことがある方なら分かりきっていると思いますが、ライブハウスに出るには基本的に出演ノルマがあり場所によっては1万円~3万円くらい必要になりますよね。

チケットを何枚売ったらノルマ達成で、それ以上売れたら少しバックがあってようやく小さな収入につながる。
でもいつもお客さんが来てくれるとは限らないから、結局ライブをする度にお金はどんどん出ていき、スタジオ代もかかるし、とかなんとか言ってると音楽活動にはとにかくお金が必要だってことが分かってきます。

家族がいて自由に使えるお金がほとんどないような場合には、お客さんがあまり来ないライブを月2、3本しているだけで生活が困窮してくる可能性があります。

じゃあお金がなければ音楽を続けることができないのでしょうか?

個人的にその答えは、YesでもありNoでもあると言いたいです。

上記のように、スタジオを定期的に使ってライブハウスに出るような活動を想定している場合は月に何万円と必要ですし、そのお金を捻出できない場合は続けることを断念しないといけないかもしれません。

でも、「音楽をやる」っていうのはそんな型にはまったような活動だけを指してるわけではないと思うんです。

 

お金をかけずにやるために、積極的には活動しない道もある
活動することで音楽ができなくなるのなら、あえて活動を積極的にしないという方法もあります。2,3か月に1本、なんなら半年に1本ライブをするみたいなペースでやればお金もそんなにかけずに済むでしょう。

実際にそうやって活動している人はいます。でも曲がたまってくると結局レコーディングしたくなりますし、そうなるとレコーディングスタジオ代、エンジニア代、プレス代、デザイン代などなど色々かかってきます。なんだかんだ5,6曲入りアルバム1枚作るのでも10万、20万は平気でするでしょう。

金額だけ聞くと結構高いと思うかもしれませんが、普段ライブをあまりしない代わりに音源を地道に録っていくのも1つの方法です。
一気に全曲録る必要もなく、月に何日か押さえて数か月にわたってレコーディングすれば出費を分散させることができるので経済的に進められます。

 

ネットを最大限活用するという方法もある
しかし、そうはいってもたまにライブをしたり、音源を作ったりする余裕すらない人もいるかもしれません。

でも、本当にお金をまったくかけずに活動する方法もあるんです。なんか怪しいアフィリサイトみたいになってますけど、そういうのではないです。笑

簡単に言ってしまうとネットを活動の拠点にしてしまえばいいんです。別に金がないならネットで活動すればいいじゃん?と言っているわけではありません。でも、現実的に考えてライブ活動などを行えない人が音楽を発信する手段としてネットはめちゃめちゃ便利だということを分かってほしいだけです。

要は、音楽を続けるために様々な方法を模索するか、絶対にこうでなきゃダメだという活動スタイルを貫くか、この2つの大きな流れのどちらに乗るかで音楽以外の仕事をしながらでも自分の好きな音楽を続けていけるかをどうかが決まるのではないでしょうか?

 

趣味か仕事か、それとも表現か
ある人に、「おまえは音楽を趣味で楽しみたいのか、それとも仕事にして食っていきたいのか、どっちだ?」
と聞かれたことがあります。

いまプロのミュージシャンを目指している人にとって、音楽を趣味にするのか仕事にするのかという2つの選択は、生き方を大きく変えるものです。また、実際このことを本気で考えている方は少ないのではと思います。
誤解がないようにしたいのですが、どちらが良いとか悪いとかの話ではまったくもってありません。

音楽を趣味としてただ楽しくやっていきたいのであれば、純粋に楽しむ方法を探せば良いのです。たまに仲間内で集まってセッションしたり、家で1人でギターを鳴らしたりするだけでも時間を忘れるぐらい楽しいですよね。

一方、音楽を仕事にする場合はある程度の覚悟を持つ必要があります。音楽で食べていくためには音楽以外のことも沢山しなければなりませんし、ただ楽しければ良いというものではなくなってくるのです。音楽を続けるためにアルバイトをいくつも掛け持ちしながらも、ギリギリのところでやってる人も大勢います。

ここまでの話だと、音楽を続けるには趣味or仕事という2つの選択肢から道を選ばなければならないように聞こえますが、僕はもう1つ音楽を続ける道を提示したいのです。

それが、「純粋な表現」としての音楽。

売れるとか売れないとか関係ない、仲間内でワイワイ楽しくやりたいわけでもない。
ただ、自分の中に沸々と煮えたぎる魂の叫びがあって、それをどうにかして表現しないわけにはいかない。
こういう気質の人も中にはいます。

もし、自分にとって音楽は趣味でもないし、仕事でもないと思うのであれば、純粋な表現やアートとしての音楽を求めても良いんじゃないでしょうか。

そのために、ネットの場を利用するのは表現するというポリシーに何も反していないし、お金もかからないし、最適な気がするのです。

 

まとめ
長くなってしまいましたが、結論としては

・音楽を続けていくには、趣味・仕事・純粋な表現という3つの生き方がある。
・ライブハウスに出るという従来の活動以外にも、ネットを利用することで音楽を続けるという選択肢もある。

ここに書いたことはあくまでも個人的な意見なので、皆さんが音楽を続けるうえで何かの参考になればうれしいです。

なんか言いたいことをまとめきれていない部分もあるような気がするので、また違う記事で書きたいと思います!

(by 大岡シンイチロウ